知育の重要性

子供は、成長していく過程で様々なことに気付き、学びます。小学校入学までの時期は、人間性の基礎を形成したり、才能や能力の芽を培ったりするとても大切な時期であり、この時期の気付きや学びが、その後の人生に大きく影響します。
お子様のより良い人生のために、知育に取り組んでみませんか。

知育とは

知育は、単に文字の読み書きや数字の計算をする能力を育てることではなく、思考力や想像力、発想力、表現力、連想力といった「考える力」を育てることです。
知育は、知能指数であるIQを高めるとも言われています。IQが高いと天才をイメージしがちですが、天才を育てるというより思考能力や想像力が高い人を育てていくというのが知育の目的です。考える力に長けていると、それだけ人と違った発想や表現をすることにも繋がります。

幼児期に学ぶことの大切さ

小学校入学までの幼児期に、一生涯にただ一度、物事を最も効率良く吸収できる時期があります。
知的な発達や心の発達、人間関係やコミュニケーションなどの社会性の発達において、能力を伸ばしたり才能を開花させたりするのが容易な時期でもあり、幼児期の子供の1日は大人の1ヶ月分の価値があると言われるほどです。
子供が急成長するこの時期に、必要な経験を十分に行わせてあげることがその後の人生を左右すると言っても過言ではありません。

知育にも絵本が活躍する

知育は、子供が興味を持って楽しんで取り組むことが重要であり、子供が興味を示さないことを無理にさせても意味がありません。教室に通う、教材を購入する、オモチャを使うなど、知育にも様々な方法があり、絵本も活躍します。多彩な色、イラストは目に、お父さん・お母さんの読み聞かせは耳に、それぞれとても良い刺激となります。
絵本なら、とても身近にあり子供も興味を持ちやすく、始めやすい知育の一つと言えるのではないでしょうか。

絵本の読み聞かせでお子様との時間を充実させたいと考えていらっしゃる方は、小さな絵本カフェの絵本講座に参加してみませんか。子育て絵本アドバイザーによる絵本講座は、実際にお子様と体験していただきながら絵本育児のコツや習慣化についてお伝えします。お子様の知育を、絵本でサポートしてみてはいかがでしょうか。絵本講座は奈良で開かれるので、京都や大阪といったエリアの方もぜひご参加ください。