絵本から道徳心やマナーを学ぶ

絵本には様々なジャンルがあります。動物・物・色などの名前が覚えられるもの、言葉のリズムを楽しむもの、生活習慣を学べるもの、道徳心を育てるものなど、幼い子供が楽しみながら自然と覚えたり身につけたりできるので、育児に絵本を取り入れる親も多いです。子供の心を豊かにし、知育にもつながる絵本は、きっと子育てに悩む親のサポートをしてくれるのではないでしょうか。絵本の読み聞かせにより親子でコミュニケーションをとりながら道徳心を育て、躾やマナーを楽しく学ぶことができる絵本育児はおすすめです。

道徳心を育てる

絵本にはテーマを持つものも多くあります。特に昔話などには「教訓」があります。花咲かじいさんやカチカチ山のように、「善」と「悪」が子供にもわかりやすくどのような考えや行いが良いのか、悪いことをするとどのような罰があるのかなどを教えてくれるものが多くあります。また、アリとキリギリスのような童話では、努力をする意味や大事さを教えてくれたり、人生においてどのようなことが大切になるのかを、楽しいお話と共に教えてくれます。

他にも、みんなで協力することの大切さを教えてくれる絵本、他人を大切にすることで思いやりの心を育み、自分のことも大切にできるようになる自己肯定感を培う絵本など様々な絵本があります。子供の時に養った道徳心は人格形成に関わり、大人になってからの人生にも影響していきます。

優しさが育つ

子供は絵本に夢中です。絵本の世界に入っていくことができ、登場人物と感情を共有できたりもします。もし絵本の主人公が大切にしていたペットがいなくなってしまえば、本気で心配したり悲しんだりすることもあるでしょう。困っている人を助ける話しでは、自分も誰かに親切にしようという気持ちを持つこともあるでしょう。普段の生活の中でも優しさが育つ状況はありますが、絵本を介してあらゆる場面に出会うことで、様々な感情を持てるようになるのです。

マナーを覚える

食事のマナー、公共の場でのマナー、学校でのマナー、トイレのマナーなど、子供は絵本のお話の中の何気ない場面から学びとっていきます。読み聞かせをすることで、親子で様々な場面について会話することもできるでしょう。絵本は自然とマナーを覚え、身につけることに役立ちます。

行動に影響する

子供が絵本から受ける良い影響はとても大きいです。心に残って日常生活の中に自然に取り込んでいきます。好きな登場人物の真似をしようとすることもあるでしょう。できないことに挑戦することもあるかもしれません。他人に親切にすることを覚えて親に言われなくても自然に行動するようになるかもしれません。

絵本を育児に取り入れたいとお考えの方で、奈良の絵本講座をお探しの方、JR奈良駅のすぐ近くで行われている小さな絵本カフェ主催の絵本講座をご利用ください。奈良在住の子育て絵本アドバイザーによる絵本講座は、絵本を上手に利用して子育てをしたいと思っている方や、子育てにお悩みをお持ちの方に、役立つものであるようにと毎月開催しております。是非ご参加ください。