絵本とコミュニケーション

お子様と楽しい時間を過ごすためには、積極的にコミュニケーションをとることが何より大切です。素直に愛情表現したり、たくさんお話することもコミュニケーションの一貫ですが、絵本を読み聞かせしてあげることも大切なコミュニケーションのひとつになります。お子様のコミュニケーション能力はお父さん・お母さんとの過ごし方で培われますが、絵本育児でもコミュニケーション能力を養うことができます。

なぜ絵本なのか

絵本を推奨する理由は、絵本によって得られることがたくさんあるからです。例えば、絵本を何度も読み聞かせすることでお子様は言葉を覚え、ボキャブラリーが豊富になります。また、絵本は場面場面で大きな絵が描かれているため、子供でもイメージしやすく、想像力や考える力を養うことができます。さらに、絵本のオチは「友達を大切に」「夢は叶う」といったポジティブなメッセージ性を持ったものが多いため、人格を育てることにも繋がります。

身近さが魅力な絵本コミュニケーション

絵本を読み聞かせると聞くと「一方的に物語を聞かせている」というイメージがありませんか?しかし、お子様に絵本を読んでいると、お子さんから質問してくることがよくあります。質問に対して丁寧に応えるのも大切なのですが、中には答えるのが難しい質問もあります。この時、「分からない」と一蹴するのではなく、一緒になって答えを考えることで、知育にも繋がりますし、親子のコミュニケーションにも繋がります。また、絵本の読み聞かせは基本的にお子様が「聞く側」になるため、「相手の話をしっかり聞く」というコミュニケーションの基本も身につけることができます。

絵本の読み聞かせは、お子様との立派で大切なコミュニケーションです。積極的に読み聞かせを行い、お子様との楽しい時間をお過ごしください。

お子様との時間をもっと楽しくしたいとお考えなら、小さな絵本カフェが行う絵本講座へご参加ください。
絵本講座には、お子様との時間がもっと楽しくなる「子育て絵本講座」のほか、子育て絵本アドバイザーが育児に悩めるお母さんをサポートする「子育て絵本アドバイス講座」などをご用意しております。場所はJR奈良駅から徒歩3分となっておりますので、お手軽にアクセスいただけます。何か疑問等がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。