ぱーぷるmama⁺掲載 子育てto絵本コラム

ママはそこにいるだけで子供を幸せにする

「親の背を見て子は育つ」や、「子は親の鏡」など、子供の心の成長には親の存在や行為・言葉が大きく影響しています。つまり、親はいつでもなんでもしっかりときちんと子供にお手本となるような言動をしなくてはいけません。

 

・・なんて言われたらどうします?

 

 

 

親として母として、子育て・家事・仕事をこなすことは確かに大事かもしれませんが、完璧を求めると、ママの心がパンクしてしまいそう!!

 

 ママは家庭の精神的支柱であり、お日さまだと私は思っています。

 

だから、ママにはいつも笑顔でいてほしい。心の余裕をもっていてほしいです。

 

でも余裕ないときだってありますよね。

 

これもあれもしなきゃ!あれもできてない、これもできてない!って焦って落ち込んだり沈んだりして、家族に笑顔を向けられないときには、こんな絵本を読んでみるのはいかがでしょうか。

 

 

なんでもできてなんでも知っているはずの仏様神様がたくさん登場します。

 『だいぶつさまのうんどうかい』【アリス館】

 ぶん:苅田澄子 え:中川学

 

――あらすじ――

 主人公は大仏さま。舞台は神仏様たちの運動会。初めて参加する大仏さまは玉入れやまんじゅう食い競争、組体操などいろんな競技に張り切って出場しますが、あれあれあれ?!思ったようにはなかなかいかないみたい。なんにもできなくて弱音も吐いてしまうほど。でも大仏さまだからこその活躍の場があって最後はみなさん大満足。


 

なんでもできてなんでも知っている大仏さまでもできないことがある。弱音も吐く。

 

最後に活躍できたのは、大仏さまの大らかな心とそしてその大きな体のおかげ。

 

・・特に何もしていないんですよね。

 

 

子育てしていると毎日楽しいこと嬉しいことばかり♪・・なんてことはなく、むしろ、しんどいこと、つらいと思うこと、悲しいこと、腹立たしいこと、虚しいことのようなマイナスの気持ちになることの方が多いかもしれません。マイナスの気持ちになる理由は様々ですが、その心のどこかにママとしての完璧を求めていることも一因としてあるのかもしれません。

 

 

ですがママがどんな精神的状態でも、子供はママが大大大好きです!ママに無償の愛を注いでくれています。

 

この絵本の大仏さま、特に何もできていないけれど、みんなから慕われ頼られ、みんなを笑顔にしています。

 

 

母親ってきっと、この絵本の大仏さまとおんなじ存在なんじゃないかな。

一生懸命やろうとしている気持ちと、ただそこにいるだけで、家族を温かくしているんですよね♪

 

 

 

今日もお互い、そこにいるだけのお日さまみたいな存在で笑って子育ていたしましょう\(^0^)/

 

冨永有季(とみながゆき)

子育て絵本アドバイザーⓇ1級 

子育て真っ最中の2児の母。自身の経験を活かし絵本を取り入れた楽しい子育ての方法を講座や講演でアドバイス。自宅の絵本の数1500

【ホームページ】

 ≪小さな絵本カフェhttp://ehonlife-y.com

 毎月おすすめ絵本から子育てワンポイントアドバイスをご紹介♪

 

 

 

アプリダウンロードには下記画像をクリックしてください。

http://www.digi-pa.com/feature/pa-puru-mama/
http://www.digi-pa.com/feature/pa-puru-mama/

ぱーぷるmama+とは?

「子どもと一緒が楽しい」をコンセプトにした奈良の子育て応援アプリです。
ママが知りたい情報、子育てイベント、読んで楽しいコラム、おトクなクーポンなどが配信されています。
奈良の身近な情報、子育て生活にマッチした情報がすぐにお手元に。子どもたちとの大切な日々をおトクに楽しく過ごしたい、そんなママたちの思いを叶える無料アプリです。