ぱーぷるmama⁺掲載 子育てto絵本コラム

絵本がおしえてくれる、生きていく中で大切なこと

 

 

春が待ち遠しい時期ですね。こんにちは、子育て絵本アドバイザーの冨永有季です。

 

3月には上の子が小学校を卒業します。暖かい春の光に包まれて希望に満ちた新生活になることを願って、今日は子供たちにおしえてあげたい大切なことを絵本の紹介を通じてお伝えしてみたいと思います。

 

 

『Lifeライフ』【瑞雲舎】

 

作=くすのきしげのり 絵=松本春野

    

町の外れに「Life(ライフ)」という小さなお店があります。でもお店といっても、だれかが働いているわけでも、なにかを売っているわけでもありません。ある冷たい風が吹いた日、一人のおばあさんが「ライフ」にやってきました。冬の間も「ライフ」には、たくさんの人が訪れ、そしてすてきな春がやってきました。(「BOOK」データベースより)

 

 このお話の中で出てくるおばあさんはおじいさんを亡くし悲しみにしずんでいました。でも、人と人とがつないでいく見えない優しさで温かい気持ちを感じたり、顔をあげれば幸せは見つかるもの・・をおばあさんは知るのです。この絵本を読み終わると温かい気持ちが胸いっぱいに広がっていきます♪それから、この絵本のはじめには~たがいに生かされながら生きているすべての愛しきLife(ライフ)へ~というメッセージが書かれています。

 

人は一人では生きていけないんだよ。人と人とのつながりの中で人は幸せに生きられるんだよ。ということを親子で感じてもらえる絵本ではないでしょうか。

 



『たいせつなきみ』【フォレストブックス】

 

マックス・ルケード

セルジオ・マルティネス絵 ホーバード・豊子訳

 

 

あんまりいろいろなことができない小人や、絵の具がはげている小人たちに貼られる灰色のだめじるしシール。パンチネロもそんなシールが貼られたひとりだった。彫刻家エリは、彼がどんなに大切な存在か悟らせようと。(「MARK」データベースより)

だめ印や星のシールがくっつくのはなぜなのか、自分で「決める」ことの大事さ、そして自分自身を見つめること、大切な君を実感してほしいこと、などなど気付いてほしいこと、感じてほしいことがいっぱいつまっている絵本です。

 



『このよでいちばんはやいのは』【福音館】

 

ロバート・フローマン原作

天野祐吉 翻案/あべ弘士 絵

 

 

この世で一番はやいのって当然○○!だと答えたくなりませんか?はやさに関する知識も豊富になりますし、最後には驚きと誇らしい気持ちで心が強くなるような気になるかもしれません♪



 

「人とのつながりの中で幸せに生きる」「愛されて大切な存在」「誰もが持っている素晴らしい力を伸ばすこと」など自分の言葉ではなかなか伝えきれない大切なことを、絵本はそれを読むだけで親子の心に刻んでくれます。

 

改めて絵本のすごさを感じます♪

 

 

 

絵本の力を借りて心豊かにあなたらしい子育てをしませんか?

 

あなたの楽しい子育てを応援しています♪

 

 

冨永有季(とみながゆき)

子育て絵本アドバイザーⓇ1級 

子育て真っ最中の2児の母。自身の経験を活かし絵本を取り入れた楽しい子育ての方法を講座や講演でアドバイス。自宅の絵本の数1500

【ホームページ】

 ≪小さな絵本カフェhttp://ehonlife-y.com

 毎月おすすめ絵本から子育てワンポイントアドバイスをご紹介♪

 

 

 

アプリダウンロードには下記画像をクリックしてください。

http://www.digi-pa.com/feature/pa-puru-mama/
http://www.digi-pa.com/feature/pa-puru-mama/

ぱーぷるmama+とは?

「子どもと一緒が楽しい」をコンセプトにした奈良の子育て応援アプリです。
ママが知りたい情報、子育てイベント、読んで楽しいコラム、おトクなクーポンなどが配信されています。
奈良の身近な情報、子育て生活にマッチした情報がすぐにお手元に。子どもたちとの大切な日々をおトクに楽しく過ごしたい、そんなママたちの思いを叶える無料アプリです。



こんなママにおススメ!

子どもと一緒に楽しみたい!
奈良をもっと楽しみたい!
仕事と子育てを両立させたい!
自分のことをもっと高めたい!
社会と関わりたい!